廃車の買取王 過走行車のリスクや故障問題

過走行車のリスクや故障問題など

過走行車とは?

普通車なら年間15,000km

一般的に過走行車となる基準は、年間10,000km~15,000kmほど走った自動車のことを指します。

ただ、その自動車が軽自動車なのか、普通自動車なのかによっても多少差がありますが、年間10,000km~15,000kmを目安にして良いでしょう。

軽自動車なら年間10,000km

また、軽自動車の場合は、普通自動車よりも目安の距離が短くなります。

年間で10,000km以上走行している場合は、過走行車として判断しても良いでしょう。

過走行車のリスク

足回りの不具合

過走行車というのは、先程も説明したように、長距離間を走っている自動車です。

そのため、あまり走っていない自動車と比べるとやはり、足回りの不具合が起きやすい傾向にあります。

  • ブレーキ
  • エンジン
  • サスペンション
  • ステアリング
  • タイヤ・ホイール

など、多くの部品を利用していることもあり、影響が出やすいです。

過走行車に多い不具合・問題点

足回りの不具合

走行距離が増すにつれ、自動車は消耗していきます。

自動車には、多くの消耗部品があり、距離が多い車両は、それだけ要交換部品が増えます。

しっかりとメンテナンスをしている自動車であれば、走行距離が多くとも、問題無く乗れるのですが、そこまでメンテナンスをしている方は少数です。

そんな過走行車に多い不具合や問題点として挙げられるのが

  • オイル漏れ
  • ブレーキ交換
  • ブッシュ交換
  • ボディのサビ
  • 外装状態が悪い
  • 内装状態が悪い

などがあります。

また、次のように判断することも多いです。

「走行距離が多い≒長時間使用されていた」
ゆえに塗装状態などの外装や、シート状態などの内装が、同年式の走行の少ない中古車に比べて劣化している場合が多い。
「走行距離が多い≒エンジンやミッションなどの機関が多く仕事をしていた」
ゆえに走行が少ないクルマと比べ、機関にトラブルが起こる可能性が高い。
「走行距離が多い≒複数の所有者に様々な乗り方をされてきた可能性が高い」
ゆえにメンテナンスのされ方が一様でなく、それに起因するトラブル発生の可能性が高い。
「走行距離が多い≒それから利用すればさらに走行距離が延びる」
ゆえに手放すときの価値が低い。

長年乗っていると燃費が悪くなったり、維持費が高くなったりとしがちです。

もし気になるようなら、売却も視野に入れてみてはいかがでしょうか?

買取業者を利用するメリット

利点

  • 過走行車の高い買取金額
  • 面倒な書類の無料代行
  • 24時間対応した査定フォーム

過走行車買取をお考えの方は、こちらの買取業者をを参考にして下さい。

過走行車の買取を依頼するには、販売店やオークションなどを利用することが多いのですが、やはり、売るには買取業者を利用したほうが良いでしょう。

買取業者を利用するデメリット

欠点

  • 下取りすることが出来ない
  • 一部地域では対応外
  • メーカーと比べると信用度が低い

過走行車の買取業者を依頼するデメリットとしては、「下取り」することが出来ないことが挙げられます。

あくまで、買取業者なので、自動車を乗り換える場合には、別店舗で購入する必要が出てきます。ただ、販売も行っている業者の場合は、下取りも対応しているので、問題なく売ることが出来ます。

廃車本舗

事故車などを廃車に!

  • 廃車・事故車買取に自信アリ!
  • 事故車や不動車も対応
  • 面倒な手続きも無料代行

\廃車にするならこちら!/

MOTA車買取

車の一括査定【MOTA】

  • 複数業者へ一括査定依頼!
  • 複数査定で高額買取を実現
  • 全国無料出張買取対応!

\お手軽・簡単入力!/

一括査定プラス

【イカプラ】で愛車を一括査定

  • 最高額での買取店が見つかる!
  • 迷惑な営業電話ナシ!
  • 査定結果が3時間以内に!

\簡単な一括査定!/

Top
廃車の買取王 過走行車のリスクや故障問題